■HOT SAILS MAUI

■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■HOT SAILのこだわり Part2

前回に引き続き、HOT SAILの”こだわり”について書いていきたいと思います。

PICT1624.gif
ROD BATTENS
高強度のビニール・エステル樹脂製のロッドバテンは、セイルごとに、独特の仕様のカーブを描くように削られています。各セイルの各サイズとも、6種類のカスタムシェイプのバテンから、セイルシェイプに正確にマッチするように、バテンが選ばれています。バテンとセイルシェイプが一体となって、最高のスタビリティを生み出します。

skid_pad.gif
EVA SKID PAD
セイルのフットを長く覆うネオプレーンのパッドが、セイラーとセイルの両方を保護してくれます。アグレッシブなライダーを怪我から守り、安心してハードなアクションにトライできます。また、セイルアップの際に、ボードのノンスリ加工との摩擦から起こるセイルダメージを最小限に抑えてくれるので、エントリーユーザーも安心して練習に打ち込めますよ。

height_marks.gifPICT1653.gif
BOOM MARKINGS
ラフスリーブには、ブームの高さを示す目盛りがプリントしてあり、いつも同じブームの高さにセットできるようになっています。意外にセッティング時に軽視しがちなブーム高さですが、実はセッティングにおいてブームの高さはとても重要な項目なのです。この目盛りのおかげで、メジャーを持ち歩かなくても大丈夫ですね。

PICT1639.gif
マストスリーブのブームカット上部に取り付けられたHOT LOGOエンブレムが、スリーブを開いていてくれる為、マストが通しやすく楽々セッティングが可能です。

mast_pad.gif
MAST PAD
厚みのあるマストパッドにより、セイラーとボードの両方を保護します。パッドは片側から大きく開く為、セッティングの際にも簡単にエクステンションを調整できます。内側には、メッシュポケットがついており、ダウンのシートや小さな部品などを入れることが出来てとても便利。

PICT1667.gif
DA WRAP STRAP
ラップストラップが、マストパッドにきれいに内蔵されており、セイルを巻く際にしっかりと留めることができるようになっています。セイルをたたみ終わった後は、セイルバックにコンパクトに収納してください。

どうですか!!沢山の”こだわり”が詰まったHOT SAILが気になってきたんじゃないですか!?
全国各地のビーチで僕を見かけたら、気軽に声をかけてくださいね!!
スポンサーサイト

■HOT SAILのこだわり

実は。。。
HOT SAILには、多くの”こだわり”が詰まっております。
それは、補強面であったり、ユーザーが使い易い様な細かな工夫であったり。。。
恐らくこれだけの”こだわった”工夫を凝らしたセイルは見当たらないのではないでしょうか!?
道具に最高の信頼を持って海で自身をプッシュして、長く愛着を持ってセイルを使用して、細かな配慮が施されていてセッティングや片付けも楽々で。。。
そう言った部分も道具選びには重要なのではないでしょうか。
もちろん性能も高く、あらゆるユーザーが様々なコンディションで使いやすく、それでいて耐久性抜群ときたら、HOTをチェックしない訳にはいかないでしょう!!
今日はその耐久性についての”こだわり”を紹介させていただきますね。

TOPLETHER.gifrealLeather_batten.gif
REAL LETHER
HOTロゴつきのレザーカバーが、バテンポケットのエンドと、マストトップに施されています。自然素材のレザーは、他のどんな素材よりも長持ちし、長く変わらぬ保護力を発揮してくれます。プラスチック素材だと、ちょっとした摩擦でも、破れたり脱落したりしてしまいがちで、更に長期使用劣化が激しいですが、レザーは長期に渡り摩擦を吸収してくれます。特にアスファルトでのセッティング機会が多い日本のゲレンデにおいては、これ程重宝する気配りはありません。

oxWebbing.gif
OX WEBBING
スリーブ部分はHOTオリジナルのDXウェビングを採用しております。リーディングエッジと、マストスリーブがサイドで三重縫いになっており、非常に耐久性が高く、磨耗に強くなっています。ロックしても、マストブレイクしても、セイルにダメージを与えることはありません。マストが折れても、セイルが破れるという連鎖破損を防いでくれます。

CREW.giffan_patch.jpg
CREW部分
新しくデザインされたクリューの扇状の補強は、クリューにかかる荷重を効果的に分散させ、クリュー部分の強度を飛躍的に向上させました。恐らくこれ程までに補強を採用したクリューデザインはHOT以外には見当たらないでしょう。またFIREに採用された2箇所のリング位置はクリューの高さを調整する事が可能で、セイル下部のリーチテンションを調整することができます。

SEAM.gif
SUPERIOR SEAM
HOTのシームは、最高の強度で接着・縫製されています。セイルの両サイドから強固に縫製され、エッジはほころびを防ぐため、巻き込み処理が施されています。

KEV.gif
KEVLARRIP-STOP
450キログラムの荷重に、5年間耐えることができる、15000デニールのケブラー構造のテープを、セイル各所に配置しています。セイルテンションを保ち、性能を追求しながら、経年使用によるセイルの伸びを押さえ、いつまでも変らないセイルのフィーリングを保ちます。

PULLEY.gif
BRONZE PULLEY
滑車のステンレス部分を、304ステンレスから316ステンレスにグレードを上げ、より塩分による錆に強くしました。また、滑車部分には真鋳を使用し、現在の市場においては、最高品質のプーリーとなりました。いつまでも、ストレスなく少ない力でダウンテンションを掛ける事が可能です。

ざっと、HOTの”こだわり”の1部分を紹介するだけでもこれだけの量になってしまいました。
次回も、さらにHOTのこだわりを紹介させて頂きますよ!!

■6月10日(火) もう6月10日

早いものでもう6月も1/3が過ぎてしまいましたね。ついこの間GWで各地に走り回っていた気がするんですが。。。。残念ながら時間は止まってくれないし、気ばかりが焦る今日この頃です。。。
でも、止まると息苦しくなる性格だから仕方ない出来事なのかも。。。
久々にがっちりウインドしたいところですが、関西はイマイチ!?な予報が続いております。。。
ある程度の風があれば、GPS7.3㎡なら走れるのですがね。。。

さて発売中のWIND SUFERはご覧になられましたか???今回はTEAM HOT大活躍のページが沢山です。TAKAのTRIP記事あり、HIROのフリスタ記事あり。まだ読んでいない方は本屋さんへGO!!してくださいね。風が吹かない休日は雑誌読んでイメトレや道具の物色に励んでくださいね!!

画像はなんと09 HOT SAIL NEW MOELです。詳細は後日発表させていただきますので、お楽しみに!!
09FIRE.jpg09 FIRE
09SMACK.jpg09 SMACK
09CROSS.jpg09 CROSSFIRE
09DD.jpg09 DD

■2月4日(月) 絶好調~だっ!!

ついにやりました!!! HOT SAIL RIDERのヒロが沖縄カップにて優勝しました。
そしてなんと、FREESTYLE CLASSの年間チャンピオンの座も手に入れました~。
な・ん・と、10代のチャンプの誕生です!!
普段は無口でクールなヒロがついにやってくれました。僕も本当に嬉しいです。
おめでとうヒロ!!

そして、スラローム競技ではGPSを使用している酒井選手が、な・ん・と、アマチュアながら
プロクラスの10位になりました。
もちろん参加したアマチュアの中では文句無し1位の成績です。

今年のHOT SAILは大活躍ですよ!!
こりゃマスマスHOT SAILから目が離せないっしょ!!


<HOT SAIL 今シーズンの主な戦績>
波子WAVE CLASSIC '07 スペシャルクラス優勝
波子WAVE CLASSIC '07 ビギナークラス準優勝
HAMATAMA CLASSIC '07 ビギナークラス優勝
全日本FREESTYLE PRO '07 オープンクラス優勝
ALL JAPAN WAVE CLASSIC '08 LADY'Sクラス優勝
OKINAWA CUP '08 FREESTYLE クラス優勝
OKINAWA CUP '08 DOWN WIND アマチュア1位

☆NWA FREESTYLE JAPAN TOUR 2007-2008 RANKING 1☆

■12月18日 NEW FACE

新たにHOT SAIL TEAMに酒井選手が加わってくれました。彼は鎌倉方面をホームにRACING・WAVE・FREESTYLEをこなすオールラウンダー。非常に体格にも恵まれておりビーチでも非常に目立つ存在なんだ。こうやって、少しずつTEAMの面子が揃ってくるのは非常に嬉しいことだよね。
彼は週末に三浦で行われた「全日本アマチュアスラローム」にGPSを使用して参加したよ。残念ながら1レース目でリコールを受けてしまい、2レース目は風に恵まれずキャンセル。結果、表彰台は逃したが、走りは非常に優れたものを持っていて海上でも存在感はたっぷりだった。なんて言ったって昨年のスペシャルクラスの覇者だもんね。そりゃ、すごい走りだよ。
そんな彼が現在使用しているセイルはHOT SAIL NEW MODEL"GPS"だ。こちらも非常に存在感たっぷりだ。究極のスピードの世界を体感させてくれるよ!!
HOT SAILに加わった存在感たっぷりの酒井選手とGPSから目が離せませんね!!
この、NEW FACEを今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
071218_2.jpg
0712181.jpg

■12月6日(木) いよいよ

明日から御前崎では「COOLD BREEZE御前崎 '07」が開催されます。どうやら風にも恵まれそうで盛り上がった大会になる事間違い無しでしょう。是非、プロの大会の様子を会場に足を運んで、その目で見て感じてください。迫力満点ですよ!!
HOT SAILS MAUI TEAMからはJ-2000"HIDE"・J-44"YOSSY"が参戦いたします。どうか、皆様の暖かい声援・応援をお願いいたします。

■10月17日(水) DIVA

九州で今年ウインドを始めた姉妹に出会った。夏にはじめ今ではスッカリウインドサーフィンの虜になっているようだ。やっぱり、風を感じて海の上を自由に動き回るウインドサーフィンは非常に魅力あるスポーツだと思う。そして、その姉妹がいよいよMY SAILを購入してくれる事になった。所属ショップのイントラのアドバイスもあり、モデルは08 DIVAに決定した。デザインもさる事ながら、女性の為にデザインされたと言う点が非常に気に入ってくれたらしい。各メーカーが様々なセイルを発表しているが女性専用モデルを発表しているのはHOT SAILだけである。そう男性とは体格・パワーが異なる女性にはやっぱり女性モデルが必要なんだ。このDIVAは様々な女性の為の工夫が盛り込まれている。まず軽い!4本バテンの採用で非常に重量も軽く操作感もしなやかで軽いんだ。パワーに自信の無い女性が1日中使用しても問題なし!そして、次にブームのカットが低い位置に設定されていること。これは、男性に比べ平均的に(日本だけでなく海外の男性に比べれば遥かに)背が低い女性には嬉しい事だろう。そして、女性の為にというのはこれだけではないんだ。ブームエンドのクリューの位置も低く設定されている点!これは重要だよ!ブームを低く設定してもクリュー部が高ければセイルの前方に風が溜まりやすく操作性が損なわれるんだ。これは、クリューを持ち上げてベアする動作をイメージしてもらうと分かりやすいと思う。だから、女性用にただブームが低く設定できればいいという問題ではなく、エンドのクリュー部も低く設定してあげてブーム位置を低く設定しても操作性を向上させてやる必要があるんだ。
このように、女性が女性の為にデザインしたDIVA。体格が小さくパワーに自信のない女性セイラーにもハンデなく、思い切りウインドを楽しんでもらえるモデルですよ!!

http://hot-japan.net/cms/2007051714245367.html
DIVA.jpg

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。