■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■HOT SAILのこだわり

実は。。。
HOT SAILには、多くの”こだわり”が詰まっております。
それは、補強面であったり、ユーザーが使い易い様な細かな工夫であったり。。。
恐らくこれだけの”こだわった”工夫を凝らしたセイルは見当たらないのではないでしょうか!?
道具に最高の信頼を持って海で自身をプッシュして、長く愛着を持ってセイルを使用して、細かな配慮が施されていてセッティングや片付けも楽々で。。。
そう言った部分も道具選びには重要なのではないでしょうか。
もちろん性能も高く、あらゆるユーザーが様々なコンディションで使いやすく、それでいて耐久性抜群ときたら、HOTをチェックしない訳にはいかないでしょう!!
今日はその耐久性についての”こだわり”を紹介させていただきますね。

TOPLETHER.gifrealLeather_batten.gif
REAL LETHER
HOTロゴつきのレザーカバーが、バテンポケットのエンドと、マストトップに施されています。自然素材のレザーは、他のどんな素材よりも長持ちし、長く変わらぬ保護力を発揮してくれます。プラスチック素材だと、ちょっとした摩擦でも、破れたり脱落したりしてしまいがちで、更に長期使用劣化が激しいですが、レザーは長期に渡り摩擦を吸収してくれます。特にアスファルトでのセッティング機会が多い日本のゲレンデにおいては、これ程重宝する気配りはありません。

oxWebbing.gif
OX WEBBING
スリーブ部分はHOTオリジナルのDXウェビングを採用しております。リーディングエッジと、マストスリーブがサイドで三重縫いになっており、非常に耐久性が高く、磨耗に強くなっています。ロックしても、マストブレイクしても、セイルにダメージを与えることはありません。マストが折れても、セイルが破れるという連鎖破損を防いでくれます。

CREW.giffan_patch.jpg
CREW部分
新しくデザインされたクリューの扇状の補強は、クリューにかかる荷重を効果的に分散させ、クリュー部分の強度を飛躍的に向上させました。恐らくこれ程までに補強を採用したクリューデザインはHOT以外には見当たらないでしょう。またFIREに採用された2箇所のリング位置はクリューの高さを調整する事が可能で、セイル下部のリーチテンションを調整することができます。

SEAM.gif
SUPERIOR SEAM
HOTのシームは、最高の強度で接着・縫製されています。セイルの両サイドから強固に縫製され、エッジはほころびを防ぐため、巻き込み処理が施されています。

KEV.gif
KEVLARRIP-STOP
450キログラムの荷重に、5年間耐えることができる、15000デニールのケブラー構造のテープを、セイル各所に配置しています。セイルテンションを保ち、性能を追求しながら、経年使用によるセイルの伸びを押さえ、いつまでも変らないセイルのフィーリングを保ちます。

PULLEY.gif
BRONZE PULLEY
滑車のステンレス部分を、304ステンレスから316ステンレスにグレードを上げ、より塩分による錆に強くしました。また、滑車部分には真鋳を使用し、現在の市場においては、最高品質のプーリーとなりました。いつまでも、ストレスなく少ない力でダウンテンションを掛ける事が可能です。

ざっと、HOTの”こだわり”の1部分を紹介するだけでもこれだけの量になってしまいました。
次回も、さらにHOTのこだわりを紹介させて頂きますよ!!
スポンサーサイト

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。